EVENT

イベント情報〈講演会・技術フォーラムなど〉

第13回地質リスクマネジメント事例研究発表会  一般参加者募集について

開催要領

共催:地質リスク学会、一般社団法人全国地質調査業協会連合会  

<開催趣旨>

     事例研究発表会の主な目的は、建設工事等における地質リスクのマネジメントの実例を紹介し、

        様々な課題を議論し共有することにあります。

<開催日時・場所>

   開催日:令和4年11月4日(金) 定員:80名

   開催場所:飯田橋レインボービル

        〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11番地 飯田橋レインボービル TEL 03-3260-4791 
<参加費>

   無 料

<参加お申込みに当たっての注意事項>

   新型コロナウイルスの影響により、以下とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、事情ご理解

   の程よろしくお願いします。   

   (1) 募集人数 80名 

    *感染予防のため、当日の来場者数は、施設定員の約3割に抑えて行います。

   (2) 事前のご案内

          ①当日の体調管理をお願いします。体調不良の場合は、参加をご遠慮下さい。

          ②入場に際して、検温を実施します。熱のある方については、入場をご遠慮いただく場合があります。

          ③入場に際しては、マスクの着用が必須となります。

        (3) 当日の論文集は、事前に地質リスク学会ホームページから公開いたします。

     *テキストは、地質リスク学会のホームページからダウンロードしていただく形式とします。

     *地質リスク学会会員の登録(無料)は、こちら→ http://www.georisk.jp/?page_id=557

    (4) 今後の感染拡大状況によっては、直前に事例研究発表会を中止とさせていただく場合もありますこ

             と予めご承知おきください。中止とした場合には、講演論文集を地質リスク学会のホームページに

             掲載し、本年度の事例研究発表会とします。

<申込方法>

    全地連のホームページの申込サイトからお申込みください。 https://www.zenchiren.or.jp/
    参加者の方には、事前に「受講票」を送付します。

<募集期間>

     9月30日~10月19日(定員になり次第、終了いたします。)


<プログラム(予定)>     

   開  場: 12:15

     開  会: 12:30~

   開会挨拶: 12:35~12:50  渡邊 法美 地質リスク学会 会長 (高知工科大学 教授)

       表  彰 式: 12:50~13:00  事例研究発表会 優秀論文賞授与式

   招待講演: 13:00~13:40  「シンガポール地下鉄事故の概要について」

                                    折原 敬二 氏

                (土木学会地下建設における地盤リスクマネジメント検討部会委員)

        休  憩:13:40~13:50

事例研究発表会:13:50~16:50  (途中休憩 15分)

        (発表編数は8編)                                             

   閉会挨拶:16:50            小笠原正継 (地質リスク学会 副会長)  

 

*詳細情報、事例研究論文一覧は こちら

*本発表会は、ジオ・スクーリングネットを運営・管理する“土質・地質技術者生涯学習協議会”が開催を

 確認しており、CPDの加点対象となっております。(加点ポイント:3)

*本発表会のお申し込み手続き関係は、(社)全国地質調査業協会連合会が担当しております。

 

講習会の申込方法について
必須項目をご入力の上、「確認画面へ」→「申込する」を押してください。
「参加者を追加する」で複数名お申込みいただけます。
お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが事務局までお問合せください。
(事務局 jgca@zenchiren.or.jp)
参加の方には受講票をお送りします。(10月中旬以降)

申込者情報

会社・所属機関名必須
部署名
担当者名
郵便番号必須
住所必須
電話番号必須
FAX番号必須
メールアドレス必須
代金振込日
振込金額
通信欄

参加者登録

参加者氏名
参加者を追加する